営業形態や営業所の場所、取り扱う品目など多岐にわたります。

警察署の担当官と話をする内容については警察署や担当官、申請の内容により様々です。

主な内容としては、まず何を取り扱うのか。営業所はどんな物件なのか。店舗や通販などどういった方法で売買をするのか。保管場所はどうなっているのか。など担当官の疑問が解消し納得するまで話し合われます。あっさり終わる事もあれば、時間を掛けて話を聞かれることも有ります。