個人の許可を返納、法人で再取得となります

個人と法人は別人格となりますので、許可を引き継ぐことは出来ません

個人の古物商の事業を法人に移行するわけですから、個人事業としての古物商許可は使わなくなるので返納。新たに事業を開始する法人にて再度古物商許可を受けることになります。